2019年1月12日土曜日

2019.1.12 武尊山(リフト不使用)

平成31年1月12日(土)
メンバー:松浦(CL)、伊藤(書記)
天気:晴れ
【ルート】
川場野営駐車場前(5:40)
川場野営場(6:30)
オグナほたかスキー場西側稜線(6:30~10:30)
前武尊山(10:50)
剣ヶ峰東側(11:15)
家の串(11:40)
武尊山(12:30)
川場野営駐車場前(15:40)


マイナールートのため、リフトトップまでトレースは無し、ラッセル(最大膝上腿ラッセル)が4時間続く体力登山。結論から言うと、完登は松浦さんだけ。伊藤は剣ヶ峰東側で敗退。
武尊山は通常リフトを使って登山するが、リフトを使わないで登山しようぜ!きっと思いっきりラッセルできるよ!という話になり、川場野営キャンプ場から直登することにした。

駐車ポイント付近に到着した。積雪もざっと見ても60cm以上あったので雪山を十分に楽しめそうだ。川場野営場は冬季については駐車場に車両進入できないため、「川場野営上」の看板がある道路脇に駐車した。頑張れば3台ぐらいは停められるぐらいのスペースはある。幸いにして誰もいなかったので、端っこに寄せて、車中泊で4時間ぐらい仮眠を取った。

4:30起床
5:00に出発するつもりが、二人ともグダグダして5:30に出発することになった。が、雪がふっかふかだったので、わかんを装着することになり仕切り直し。結局5:40頃出発。

川場駐車場までは、足首ぐらいまで雪に沈んだ。久々のわかん装着ということもあり、非常に歩きにくい。松浦さんが先頭でラッセルを行ってくれると、とても楽に歩ける。足首ラッセルあなどれぬ。

川場野営場付近到着
暑いからおじさんはもう薄着
川場野営場に到着する頃には暑さでTシャツ1枚になっていた。ここから林道に入り、斜度もきつくなる。

先行する松浦さん

振り返ると綺麗な景色が

斜度がきつくて半端ないきつい。ラッセル半端ない、あいつ半端ない。膝上腿まで雪積もってるもん。そんなん積もる?積もるんやったら言うてや。
この時点で伊藤は足が前に進まなくなり、ほとんどラッセルしなかった。9割ぐらい松浦さんにラッセルしてもらった。まっちゃん…頼りになる男や…。

頼りになる男と朝日
ほんとにラッセルがきつすぎて、ほとんど写真を撮らなかった。そんな急登ラッセル時間が4時間ぐらい続いた。いや、ラッセルしたの松浦さんだけど、この時点で既に伊藤は使い物にならない状態であった。とほほ。

途中でスキー場リフトの最上部と合流した。ここから上部にかけては、トレースが十分にある状態であった。


リフト場から上は景色も良い

ぐんまけん

トレースは十分にあるものの、斜度もそれなりにあるため、足に疲労が溜まっている状態だと厳しいかもしれない。前武尊山を目指す。

前武尊山
前武尊山にある銅像のモノマネをする伊藤 この写真は不要なので載せる必要がありません(載せたけど)

10:50前武尊山到着。下山のことも考え、12時まで行けるところまで行って引き返しましょうと沈着冷静なリーダーの指示により、とりあえず剣ヶ峰を巻いて家の串まで向かうことに。
テーブルマウンテンでかっこいい剣ヶ峰。


剣ヶ峰を東側にまいて、11:15頃。
伊藤「すみません、ギブアップです。先に帰ってますね…」
松浦「自分は行けるとこまで行ってきます!先に戻っていてください。」

こうして、武尊山登山は失敗に終わったのだった。






以下、松浦さんのゴーストライターによる手記
↓↓↓↓

伊藤さん、無事に戻れるだろうか、心配だなぁ。とりあえず、家の串まで登頂して、頃合いをみて戻ろう。

11:40 家の串に到着した。なんて素晴らしい景色だろう。これまでの疲れが吹き飛ぶようだ。山スキーヤーや登山客が結構いるなぁ。リフトを使ってくる人が多いみたいだ。ほかの登山客に、「野営場から登ってきたんです」っていったら、「とんだ好き者ですね」と言われてしまった。てへ。

ミニモンスター
まだ余力もあるし、武尊山まで登ってしまおう。少しガスってきたけど、風も弱いし、こんな好条件は見逃せない。


武尊山到着。日本海側の景色も見れる素晴らしい場所だ!
やはり今日ここまで登って良かった。皆さんも、体力登山をしたいのなら、往復15㎞、急登、ラッセルもあるこのルートをお勧めします。伊藤さんが心配だ、さあ帰ろう。

2018年7月16日月曜日

大山(神奈川県)2018.7.16

 友人が富士山に登りたいというので、私のトレーニングも兼ねて日帰り登山してきました。冬合宿以来の登山なんで、オラわくわくすっぞ!(なーるほど・ざ・ワールド)

【日時】2018年7月16日(祝) 6時~11時30分
【天候】晴れ(暑い)
【メンバー】伊藤CL(書記)、伊藤の友人
【ルート】
大山第2駐車場(6時00分) ~ 男坂 ~ 阿夫利神社下社(7時00分) ~ 富士見台(8時30分) ~ 山頂(9時10分) ~ 見晴台(10時40分) ~ 阿夫利神社下社(11時10分) ~ 女坂 ~ 大山第2駐車場(11時30分
概念図




 大山第二駐車場からスタート。運動不足の友人は、序盤の男坂でかなりバテてていたので、「今日はもう終了かな。」と思ったが、阿夫利神社下社付近のトイレで用を足したら、何故か完全復活を成し遂げたので続行することにした。腸内環境は大事。

 男坂からかなりの急こう配できつい。おまけに暑い。玉のような汗が滴り落ちる。下社からの本坂も結構きつい。おおよそ20分に1本を入れるペースで登山を続けたが、これが正解だった。やはり無理せずこまめな休憩を入れることでばてることなく、結果的に早く山行を終わらせることができる。

 9時10分頃になんとか山頂へ。こいつを持ってなぁ!

砂20kg

 20kg程度の歩荷訓練であったが、すげぇきつかったゾ。60kgで歩荷訓練やる人とか信じられないゾ。でもいつかやりたい。


 あと、富士見台と山頂でアマチュア無線を横浜市に向けて発信試験をした。かなり良好に受発信ができてニンマリ。やはり見通しが良いところからは、ハンディ機とはいえども、かなり遠方まで受発信が可能のようだ。

 山頂で大休憩を取ったのち、午前中に下山することができました。伊藤も友人も、双方にとって良い訓練となりました。富士山に行きたいという人がいた場合は、まず大山に連れていくと体力のレベルが把握できたり、本人の覚悟も確認できるのでお勧めです。
 友人は、「富士山に行く前に別の山でトレーニングを積んでから挑みたい。」ということで、とても良い経験になりました。



おまけ

300円で買った発泡スチロール



バラバラにしてザックに敷き詰める。その上に砂を乗せると、砂の重心が上になって担ぎやすい!
これだけでは、重心がまだまだ下方だったので、次回はもう1枚ぐらい発泡スチロールを入れたい。

文責:伊藤
 

2018年6月23日土曜日

クライミング班・2018年上半期の活動

2020年東京オリンピックがいよいよ近づいてまいりました。
その中の新種目、クライミングは最近TVや雑誌でも多く取り上げられていますが、我が山岳部でもヘタレながらクライミング班が密かに活動しております。

2018年上半期の活動は大体、次のとおり。

1/14 伊豆城山・南壁
1/27 湯河原幕岩(新人Kさんの外岩デビュー)
2/12 湯河原幕岩
2/17 伊豆城山・上部エリア
3/11 湯河原幕岩
4/21-22 古賀志山(女子強化合宿)
4/28-30 小川山(恒例の春合宿。OB、現役多数参加。)
5/4-6 有笠山、子持山獅子岩(ショートルートとマルチピッチ)
5/12 瑞牆山カサメリ沢
5/19 奥多摩・天王岩
5/26-27 甲府幕岩
6/2-3 太刀岡山、瑞牆山カサメリ沢
6/9 伊豆城山・クッキングワールド











その他、メンバーは横浜市内のあちこちのボルダリングジムに出没しています。
クライミングに限らず夏山、雪山、沢登り、渓流釣り、焚き火に興味ある方はぜひ山岳部へ!
「働き方改革」も大事ですが、「遊び方改革」も大事ですよ。(^^)v

2018年3月18日日曜日

2018.3.10~11 蓮華岳丸石尾根

左からN、H部長、Oさん、Kさん

  メンバー:H部長、Kさん、N、H部長友人

 もともと私(N)以外の三人で蝶ヶ岳へ行く計画があったのだが、行き先を変更させて蓮華岳へ行くことになった。一昨年、爺ヶ岳東尾根から見た東尾根を従えた蓮華岳が美しく、雪のある時期に登りたいと思ったからだ。昨年から東尾根を登る計画は持っていたのだが、業務のため果たされず今年へ持ち越しとなったのだった。本当は東尾根から登りたかったのだが、時間の都合上丸石尾根で妥協したが、素晴らしい尾根だった。

 金曜夜に我が相模大野に集合してもらい出発。山梨では結構な雨、長野道ではかなり強めの雪が降ったものの、翌2時にゲート前着。テントを設営し仮眠。H部長友人Oさんは別に埼玉から集合した。

3/10 曇りのち晴れ
 6:45発。まずは6キロ強扇沢まで道路を歩く。…長い。いつもは車で10分ほどの距離を2時間かけて歩き8:40扇沢着。とりつくべき尾根はすぐだが、選定した結果、観光案内所?裏手の斜面からとりついた。記録では徒渉が必要とか書いてあるものもあったが、雪で埋まっており問題はなかった。雪稜ではいつもそうだが、最初は急登だ。木登りチックな箇所もあったが仕方ない。H部長、Kさんが少々手こずっていたがなんとか9:10に尾根上に出た。当初心配していた天気は次第に好転し、目指す後立山の稜線が樹林の間から白く輝いて見え、気分が高まる。高度を上げると爺ヶ岳南峰も見えてきた。



 今回わかんを持ってきていたが雪は締まっており使うことはなく、尾根上にでたところでアイゼンを着けた。先頭を交代しながら尾根に沿って進む。12:20に1900m付近。ここで方角が変わり、より南寄りに進んでいく。H部長が足をつり気味になったので少し荷物を分散した。ところどころ赤符があり、登りでは迷うことはないだろう。13:00に樹林を抜け視界が開けた地点に出た。後立がよく見える。この日は風もなく快晴のため、非常に暑い。各自中間着を脱ぐ。最後、岩が露出し急登となった個所などあり、迂回しつつ、14:10に2150m地点テン場に着いた。素晴らしいテントサイトで、尾根の途中だが、ちょっとした雪原のようになっており、これからの登路も一望でき、針ノ木、スバリ、赤沢から爺に囲まれた展望台であった。
 快晴無風の中、みな撮影タイムに入る。私は早速持参したジンを雪わりでいただく。素晴らしい景色を目に焼き付ける。夕飯はトマトべースのポトフに今回はアンチョビを入れてみたが、塩気がなかなかよい塩梅であった。19:00就寝。







3/11晴れのち吹雪
 3:45起床。そそくさと餅を食べ各自準備し、5:40発。冬は朝一の歩きが堪えるが、今日はそれほど寒くはない。トレースのない雪面を気持ちよく登っていく。6:10頃日の出。鹿島槍や爺がピンクに染まってきれいだ。すぐに記録で核心だと言われていた雪壁の登りに入ったが、ブッシュを掴みながら登ることができるので緊張感はない。しかし、後続のためにザイルを一応出した。Kさんはこういったルートを登るのがおそらく初めてのため少し手こずったが問題なく登ることができた。風が強くなり、雪面がクラストしている。あとはまるいなだらかな尾根を直登し高度を稼ぐ。
 8:40東尾根とのジャンクションに到着。稜線上は風が強い。南面の視界が開け穂高や笠ヶ岳が望めるが天気は下り坂のようで、高層雲が厚くなってきた。休憩をはさみ9:30蓮華岳山頂着。目の前に真っ白な針ノ木、北には白馬から爺。南には薬師から穂高まで素晴らしい眺望である。ただ結構寒いので早々に撤収。当初は針ノ木もピストンしようかと考えていたが天気も悪くなりそうだし、引き返すことにした。
 帰りは一部ザイルを出したりし慎重に降りる。テン場に着くころには雪が降りだし、撤収中に吹雪いてきた。テン場のあった台地直下からのなだらかな雪面では慎重に読図をした。視界がないと降る方向に向かって左側の尾根に引き込まれがちかと思う。最初以外は帰路を考えることはなく、また樹林の中に入りさくさく進む。湿雪のためアイゼンが雪団子になる以外は快調に進む。14:30ごろ?扇沢着。しかしまだ駐車場まで車道歩きが残っていた。
 いつものように薬師の湯に行き、ソースカツどんを食べ帰路に着いた。
 丸石尾根は難所もなく易しい尾根だった。後立山は爺とか雪稜を楽しみたいときによい尾根が揃っているなと感じる。またあのテン場で昼寝をしたいと思う。











2018年3月5日月曜日

2018.3.3-4 八ヶ岳・赤岳天狗尾根

ごぶさたです。
春先からしばらく投稿が途絶えましたが、山岳部はこっそり元気に活動しています。(^^;)
三月初めに八ヶ岳東面・初級バエーションルートに行ってきましたので、簡単に写真だけアップしておきます。

日程:2018年3月3日(土)~4日(日) 前夜発一泊二日
場所:赤岳天狗尾根
天気:晴れ
一日目:美しの森-天狗尾根2,200m付近(テント泊)
二日目:天狗尾根上部岩稜-ツルネ-上ノ権現沢下降-出合小屋-美しの森

天気には恵まれましたが、春の重たい雪のラッセルはなかなかハードでした。(上野・記)









2018年2月27日火曜日

2018.2.17 八ヶ岳横岳西壁 三叉峰ルンゼ

 年末以来、久々に山へ行ってきました。なかなか時間を作れず日帰りでの山行となると、どうしても八ヶ岳に偏重してしまいます。今回は横岳西壁でどこへ行く悩んだのですが、結局現場へ行って決めようということになりました。

 メンバー:部員M(CL)、N(書記)

終了点で。M、N


 私が風邪を引きずっていることもあり、前日は原村にあるS元部長のお家を使わせてもらった。いつも車中泊であるが、快適に眠れた。
 部員Mのフォレスターで美濃戸まで。5:40発。曇ってはいるが雪はまだ降っていない。7:10行者小屋。ここでアイゼンその他ガチャ物を装着。中山尾根も事前には候補にあったが、天候悪化はわかっているし、時間がかかってしまうのでやめた。とりあえず三叉峰ルンゼに行くつもりで、やばそうだったら石尊へ転戦しようとのこととなった。赤岳鉱泉との間にある沢から入る。トレースは当日のものと思われるものがあり、歩きやすかった。30分程で鉾岳とかとの分岐でここは左へ入るが、右に赤布があり、トレースもそちらが濃かった。ここからは、若干トレースも薄くなった。
 8:45位にF1。ほとんど埋まっており2mほどしかないのでザイルをつけずに進む。ここを越えると、完全にルンゼとなるが、ボブスレーのコースみたいにばっちり雪がえぐれていた。あれは人が踏んだ後だったのだろうか?すぐにF2。ここが一番滝が出てて3mはあったと思う。ここもザイルは出さず、結局最後までだすことはなかった。だんだんと風が強まり、雪も降りたびたびチリ雪崩を浴びる。しばらくはナメ滝とか、小さな滝とか越えていくので飽きることはなくビレイもないので、あまり冷えなかった。上部は完全に埋まり、トレースも消えていた。視界もないので困ったら右手に上がる心持でラッセルを続けた。
F1でのM

ポーズをとるM


 10:30石尊稜上部岩稜基部。意外とめっちゃ正確に来れた。各々が適当に登るが晴れていれば高度感があって気持ちいいのだろう。11:05稜線着。風強く視界もないのですぐに下山開始。がしかし、トレースも視界もないため意外と道を見失ってしまう。結構、横岳周辺は西側を巻いているのだった。帰りは地蔵尾根から。かなり風は強いが続々と登ってくる。ご苦労様です。14:10美濃戸駐車場着。樅の湯へ行き帰宅。

石尊稜上部


 風邪が治ってすぐ行ったが、行動中はむしろいつもより調子はよかった。しかし帰宅後再び体調を崩してしまった。
 三叉峰は1月中旬位までにいかないとしっかりとしたアイスクライミングはできないのだろうけど、2月も少しのアイス、岩稜と楽しめるルートではあった。展望はなかったがよい山行であった。